Access Counter:
カテゴリ 最近の記事 過去ログ
information 便利リンク おすすめ記事(NEW)

2011年05月08日

【大学から大学院】高専卒業後の進路の比較【専攻科から大学院】

高専卒業後、大学編入し大学院に進む場合と専攻科から大学院に進む場合の違いについて、以下のようなコメントを頂きましたので簡単に回答したいと思います。

---------
はじめまして質問させてください。「大学から大学院に行く道と専攻科から大学院に行く道の違い」ってなんですか?いくら有名な大学の大学院に専攻科から行ったとしてもその大学にはいってないわけで差別というか区別されるものなんですか?
自分は専攻科の先輩にあこがれているので専攻科に行くことを考えているのですが大学編入を目指すべきなのかと心配になってきました。お返事よろしくお願いいたします。
---------

続きを読む
posted by math at 18:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 高専からの大学編入学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

高専卒業後の進路【就職or大学編入】

高専卒業後に就職するか進学(編入)するかということについて
以下のようなコメント頂いたので簡単に書きたいと思います。

--------------
はじめまして私は東京高専の4年のものです。
質問させて頂きたいのですが、
大学編入ではなく就職してしまったほうが高い確率で大企業に就職できるのだから就職に魅力を感じることはありませんでしたか?もちろん給与や昇進に関して言えば大卒以上の人と比べると劣るかもしれませんが・・・
僕は今、就職すべきか大学に行くべきか悩んでます。
大学に行ってたくさんのライバルと競って就職するよりもリスクの小さい高専からの就職がいいのではないか、逆に大学に行くことで視野を広げ、いろいろなものを吸収してから就職したほうがいいのではないか・・・10年とか20年たったときに大学生をやってみたかったと後悔しないか心配です。
僕はこの仕事をしたいというものが見つかってないのでとりあえず大企業に入るってことが目標になってしまっています。就職された友達もいらっしゃると思うのですが、自分と比べて就職する場合の良い点悪い点、また大学に行く良い点悪い点を教えていただけま船でしょうか?
--------------

内容に関しては工業高専から就職した場合と国立大学工学部(東北大学工学部を想定)に編入し大学院へ進学した場合についての比較であり、例外もあるかもしれないのでその辺を考慮してご覧ください。

続きを読む
posted by math at 16:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高専からの大学編入学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

【東北大学工学部編入学】英語の試験がTOEIC・TOEFLに【TOEIC対策・必要な点数の予想】

東北大学工学部の編入学試験では、
平成24年度選抜(平成23年8月試験、平成24年4月入学)より、
「英語」の筆記試験に替え「TOEFL,TOEIC」の受験を条件とし,
その成績で評価するそうです。

今年受験の方はご存知かと思いますが、詳しくはこちらをどうぞ。
工学部編入学(東北大学工学部)

工学部編入学 - TOEFL,TOEICの利用について(東北大学工学部)

リンク先から分かるように、提出が必要な点数は、
・TOEFL-PBT(現在日本で試験の予定なし)
・TOEFL-iBT
・TOEIC公開テスト
のいずれかであり、
団体受験用のTOEFL-ITP及びTOEIC-IPテストは認められないので注意して下さい。

TOEFL-iBTは
・SpeakingやWritingもあり対策が難しい
・受験料も200USドル(受験日の7日前まで申し込んだ場合)と高い
ため、(京大工学部などと違い)TOEICでも大丈夫な東北大学工学部を目指す場合、TOEIC公開テストの受験を勧めます。

今年東北大学工学部編入学試験を受験する方は、
2011年3月13日(日)の第161回TOEIC公開テストに申し込んでいない場合、
2011年5月29日(日)の第162回TOEIC公開テストがラストチャンスのようです(結果発送が結構ぎりぎりです)。
申込期限などの詳細はこちら(第162回TOEIC公開テストの申込期限は4月19日(火))
http://www.toeic.or.jp/toeic/guide01/guide01_01.html

■TOEICの特徴を簡単に説明
・990点満点(リスニング495点、リーディング495点)

・リスニング:パート1〜4、約45分
・Part1:写真描写問題 10問
・Part2:応答問題 30問
・Part3:会話問題 30問
・Part4:説明文問題 30問
・リスニングは1回しか放送されない

・リーディング:パート5〜7、約75分
・Part5:短文穴埋め問題 40問
・Part6:長文穴埋め問題 12問
・Part7:読解問題 48問(1つの文書:28問、2つの文書:20問)
・リーディングは時間との勝負、最後まで解けない可能性大

・統計処理により、能力に変化がない限りスコアも一定(1問●点というわけではない)
続きを読む(TOEIC対策・必要な点数の予想)
posted by math at 22:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | 高専からの大学編入学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

研究室配属

 現在東北大学(工学部情報知能システム総合学科)では研究室配属が行われており、私は今週の月曜日に無事に研究室を決定することができました。

 研究室配属は
・1次調査(専門科目の成績上位1名)
・2次調査(各研究室毎の重み表に基づき決定、定員が大体埋まるまで何度か行われる)
・3次調査(面接)
があり、各調査でネット上(学内のローカルページ)で全員が希望を出し、第1志望の研究室に対して成績上位の人から決定される仕組みです。

 私は1次調査で研究室を決定することができました。ちなみに5セメスタの成績は
・AA(90点以上)が7科目
・A(80〜89点)が6科目
で結構良い成績でした。
 編入生は研究室配属で多少不利になる(正確には平均点に近づいてしまう)のですが、5セメスタでAまたはAAの割合が8割以上の学部生は全体の約1割ですので、5セメスタの試験でいい点数を取れば編入生でも希望する研究室に入れる可能性は十分あると思います。
posted by math at 17:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 高専からの大学編入学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

高専と東北大学の比較

 東北大学の5セメスタ(=3年前期)の期末試験が終わりましたので、簡単にですが東北大学工学部と(自分のいた)高専との比較を書きたいと思います。5セメ(セメスタ)の成績はまだなので、成績関連については何とも言えませんが。
(ちなみに情報知能システム総合学科です)

続きは、続きを読むをクリックしてご覧ください。

続きを読む
posted by math at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高専からの大学編入学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。